困ったときはカタログギフトにお任せ|お返し成功術

ギフト

半返しをする

お祝いごとがあるとそのための祝いの品やお金を頂くことがあります。もし頂いた場合には必ずお返しをすることが必要になり、時には半返しという方法を取ることもあります。

Read More

人気のあるギフト

お祝いを頂いたら必ずお返しをすることが必要になってきますが、この時何を渡せば良いのかを悩むときがあります。そこでいま人気のカタログギフトを使ってみるのです。これには好きなモノが選べるという特徴があります。

Read More

お返しの準備をする

カタログギフトが割引されていますよ!この機会に引き出物などを用意しておきませんか?送料は無料です!

産後は産前よりも忙しいので早めの準備が大切

出産を終えると赤ちゃんとの生活が始まります。 まだ生後間もない赤ちゃんを抱えての、内祝い決めはなかなか大変な作業です。 お祝い金を誰からいくらもらったのか整理をして、お返しの品を決めるわけですがおおよその相場というのが決まっています。 貰ったお祝いに対しての三分の一〜半分の割合でお返しするのが相場となっております。 しかし内祝いを決めにお店を見たり貰った方に一軒一軒手渡ししたりという事は、なかなか難しいのではないでしょうか。 そんな時に役立つのがネットでの内祝い購入です。 ネット上でお返しの品を決めてそれぞれの方宛てに郵送してくれます。 どんな品物を取り扱っているか事前に見ることができるので、出産前にある程度目星をつけておくと手間が省けます。

出産内祝いの意味合い

出産の内祝いは本来、子宝に恵まれた喜びを親族や近所の人におすそ分けとして配るものでした。 時期も一カ月経過しお宮参りの時期に贈られていました。 今は、出産したらお祝い金等を貰いそのお返しとしてという意味合いが強くなっています。 お返しなので、贈る時期もお祝いをいただいてから一カ月以内にが目安となっています。 どちらも赤ちゃんが生まれたことに対しての喜びは共通ですので、贈るという習慣は途絶えなかったのでしょう。 これから赤ちゃんを見守ってくれる大切な方々への感謝の気持ちになるので、もらってうれしいものを贈りたいところですね。今は紅白饅頭を筆頭とする縁起物のほかに、お菓子やゼリーなどの詰め合わせや高級タオル、食器など様々なものがあります。選ぶのが大変かもしれませんが、ネットで商品を見ることができる時代でもあります。ネットで手間を省ける分、どういった品物を贈るか考える時間に使ってみてはいかがでしょうか。

内祝いを考える

従来のものに変化が出てきていますが、これは内祝いに関しても言えることです。最近の内祝いにはやり方によってお祝いを催促しているようにも思われることがあるので気をつけなければいけません。

Read More